商品情報

スティッキオ

品種

【スティッキオ】

イタリア名:フィノッキオ

作物名:スティックフェンネル

日本生まれのイタリア野菜・食欲をそそる、
さわやかな香り&食べやすいスティック野菜

- 来歴・調理 -

・加熱すると茎先もさらに軟らかくなる。
・セロリより食べやすい
・他の食材に無い、爽やかな香りが食欲をそそる

- 特性 -

●播種後50~60日で収穫
●出荷サイズは20㎝前後
●食味、香りはフルサイズのフェンネル同様。スティック状で食べやすく、調理の幅も広い。

[ 野菜レシピ ]

スティッキオのサーモンマリネ

スティッキオ☆フライ

スティッキオ・ミソマヨ

スティッキオのグラタンパルマ風

スティッキオバーニャカウダ

スティッキオとイナダ、オレンジのサラダ

スティッキオ石焼ガーリックライス

サラミ・フィノッキオーナとスティッキオのニョッケッテイ>>

スティッキオとムール貝のニョケッティ サフラン風味>>

スティッキオのカレーピクルス>>

栽培上の注意

【スティッキオ】

種まき 発芽適温は20 ~ 25℃、発芽迄1週間程度。筋播きでは、双葉、本葉で間引き株間2 ~ 5 ㎝とします。
点播きでは、15×15 ㎝間隔で3~5粒ずつ播種し、間引きは不要。まき溝の深さは、3 ㎜程度で、覆土は種が隠れる程度。種まき後、軽く押しつけ土とよくなじませます。
種まき時の注意点:酷暑期はトンネル遮光し地温を下げて下さい。初期生育緩慢なので、発芽までは地面を乾かさないように灌水を行います。30℃以上の高温や10℃以下の低温で生育が鈍り、4℃以下で停滞します。霜害を受けやすいので、該当時期の種まきは避けるのが無難でしょう。また3~5月上旬の種まきは、抽だいの可能性が高いので、暖地でも露地まきは避けるなど注意しましょう。
管理 施肥は、窒素成分で5kg/10a 全量元肥。追肥は必要ありません。播種後60 日で株元の幅が小指程度になれば収穫開始。親指程度までは収穫可能です。根切り収穫し下葉2、3 枚を調製し袋詰めします
出荷調製 1株に付ける葉の数は3 枚を基本とします(2 本と若葉1 本)。根基から20~25 ㎝で葉を切り落とし調整します。5本以上(7~8 本が理想)で150g/ 束を基本とし、専用FG 袋で出荷します。商品としての価値を高めて出荷しましょう。

このページの先頭へ